動画制作会社で広告を作ろう【見てもらえる広告作り】

動画制作会社を選ぶなら、実績と作品をチェックしておこう

動画制作会社で広告を作ろう【見てもらえる広告作り】

ビデオカメラ

記憶に残る広告を作るには

動画広告で最も重要なポイントは最初の5秒、つまりオープニングにあります。サイトによってはスキップ機能が搭載されているので、オープニングで視聴者に「最後まで見たい」と思わせることがポイントとなります。美しい写真をオープニングに持って来てインパクトを与える、「-5kg痩せる」というように視聴者のメリットを提示するなど工夫の仕方はさまざまです。広告の要素が強い動画は敬遠される傾向にあるため、アピールし過ぎないように注意してください。
ストーリーを取り入れて、コメディー動画・感動作品に仕上げる方法もあります。最近利用率が高まっているのは、からくり装置やダンスを使って宣伝する方法です。映像だけではなく、音楽にもこだわることで記憶に残る広告を作ることができます。

動画制作会社に依頼する流れ

実際に動画制作会社へ依頼する時は、打ち合わせから始まります。打ち合わせで要望を伝えて、要望通りに制作できるかをスタッフと検討します。ヒアリングだけではなく、スタッフ側から新しい提案をしてくれるケースもあります。専門スタッフからの貴重な意見を聞けることが、外注するメリットです。
打ち合わせで方針や内容が決まったら、制作会社が本格的に企画を行ってくれます。企画内容は絵コンテで提示されるのが一般的です。この段階になればある程度予算が把握できるので、見積もりを行って貰いましょう。企画内容と予算に問題がなければ撮影に移ります。
撮影は基本的に制作会社のスタッフが行ってくれるので、依頼者は現場に立ち会うだけで構いません。撮影後に編集作業が入り、完成したら納品となります。

動画制作実績をチェック

動画制作会社へ依頼する時、利用する業者を選ぶ必要があります。その時、制作実績を確認することが非常に重要です。テレビCMの実績がある業者はクオリティが高い傾向にあるため、動画の質を重視する人に向いています。インターネットの広告を得意としている場合は動画サイトで注目されやすい動画の知識が豊富と判断できます。このように業者によって得意分野が異なるので、自分の目的に合った所を選ぶことが大切です。実績を確認すれば技術の高さや得意分野を知ることができるため、非常に信憑性の高い情報を得られます。
また、実績の内容を確認することも失敗しないポイントです。食品・化粧品・家電製品など、広告のジャンルは多岐に渡ります。自社製品と同じジャンルを得意分野に掲げている制作会社は、要望に合った動画広告を作ってくれる可能性が高いと言えるでしょう。

動画広告を見てから決める

実績の他に、制作会社が公開している動画広告を見ることも大切です。制作会社がどのような動画広告を作成しているかチェックできるため、自社のイメージや要望と合っているか確認できます。
動画広告で最も重要なポイントとなるオープニング、使用している写真や小道具の質、動画の繋ぎ目であるトランジションの3点をチェックすることがコツです。最初の5秒で視聴者の心を掴んでいれば、動画広告に関する正しい知識を持っていることが分かります。動画編集機能だけではなく、小道具までこだわっている制作会社はクオリティが高い傾向にあります。実はトランジションが編集技術の良し悪しを最も判断しやすい部分なので、滑らかな繋ぎになっていない場合は依頼するのを控えた方が良いでしょう。